YANAGISAWA(ヤナギサワ)サックスの特徴

今回は、国内外で広く愛用されているヤナギサワサックスの歴史を紐解いてみたいと思います。

ヤナギサワの誕生

初代柳澤徳太郎が明治27年(1894年)に軍楽隊の輸入管楽器の修理を始め、ヤナギサワが誕生しました。
その後、戦争を経て昭和26年(1951年)先代柳澤孝信が楽器作りを志し、手始めにサクソフォンを試作します。

第一号モデルの製作

昭和29年にテナーサクソフォンの第1号モデル「T-3」が製作され、昭和31年~昭和41年にかけて、アルトサクソフォンの第1号「A-3」そして「A-5」、テナーの「T-5」、Low Aキー付きバリトンサクソフォンの「B-6」を次々に完成させていき、日本初の、ソプラノサクソフォン「S-6」、High Eキー付きソプラニーノサクソフォン「SN-600」を完成させたのが昭和43年です。

「手に始まり、機械を経て手に終わる」をモットーに優れた技術者と、近代化された優秀な専用機械を駆使して、一つ一つの部品に至るまでエキスパートによる一貫作業から優れた楽器を生産し続けているのです。

エリモナシリーズの完成

昭和53年に完成したのが伝説のエリモナシリーズ。このエリモナという名称はエリート(選ばれた者)と、モナーク(王)を組み合わせた造語で、ネックとベルにメダルプレートが施された特徴的なモデルです。

その後、日本で初めて管体総銀製のシルバーソニックボディーモデル「9930」モデルや、世界初の総管体14金製アルトサクソフォン「A-9914」など、他にはない個性がヤナギサワが愛される理由の一つだと言えるでしょう。

その進歩はとどまるところを知らず、現在も進化し続けています。

楽器買取無料査定