ヤマハのサックスが選ばれるワケ

トップアーティストに長く愛用されているのと同じくらいか、それ以上に、初心者が一番最初に手にする楽器がヤマハ製品というのが、日本での現状だと思われます。それは、一体なぜなのか??を今回は考えてみたいと思います。

小学校で習うリコーダー

日本では、子供たちが一番最初に管楽器に触れる機会といえば、小学校の音楽の授業で習うリコーダーでしょう。

一般的に3年生のカリキュラムになってるので、全員が自分のリコーダーを購入して吹き方を習得していきますが、多くの学校でヤマハのリコーダーを導入しています。ヤマハのリコーダーは品質が均一で低価格なことが、選ばれている理由の一つではないでしょうか。

金管バンドクラブや吹奏楽部での新たな出会い

高学年になると希望者は金管バンドクラブに所属し、新たな管楽器との出会いを経験することになります。

小学校ごとに出入りの楽器業者が決まっていて、大多数がヤマハの管楽器を備品として納入しています。中学校になると吹奏楽部となり、扱う管楽器の種類も増えますが、そこで選ばれているのも、ほとんどがヤマハの楽器です。

今でこそ、製造工場をインドネシアや中国に移しているヤマハですが、その品質は均一でムラがなく、国内生産していた時代の品質を守り抜いています。

初心者が重要視するところ

管楽器初心者にとって最も重要なことは、
・音が出しやすいこと
・正しい音程で吹けること
・購入しやすい価格であること
と言え、ヤマハの管楽器は、この条件を全て満たす唯一の品質と言えます。

サックスに関しても例外ではなく、今も昔も学生の初心者が一番最初に手にする楽器として選ばれているのです。

楽器買取無料査定