世界中で愛される名器と言えば、YAMAHA(ヤマハ)のサックス!

日本を代表する楽器メーカーと言えば、YAMAHA(ヤマハ)ですが、日本のみならず世界中の演奏家に愛用されていることを ご存じでしょうか?

今回は、ヤマハのサックスを愛用しているアーティストをご紹介したいと思います。

日本国内でヤマハを愛用している演奏家

まずは、日本国内から。

・須川展也(東京佼成ウインドオーケストラ協力アーティスト、トルヴェール・カルテットメンバー、東京芸術大学客員教授):YAS-875EXG、YSS-875EXG、YTS-875EXG、YBS-62II

・雲井雅人(雲井雅人サックス四重奏団主宰、国立音楽大学客員教授、尚美学園大学非常勤講師):YAS-875、YTS-875、YSS-875EXHG

・田中靖人(東京佼成ウインドオーケストラコンサートマスター、愛知県立芸術大学、昭和音楽大学講師):YSS-875EXG、YAS-875EXG、YTS-875EX、YBS-62II

・多田誠司(the MOST、Z’s、日野晧正QUINTET、東京Leader’s Big Band):YAS-82ZULWOF

海外でヤマハを愛用している演奏家

お次は国外へ目を向けてみましょう。

・Jean-Yves Fourmeau(ジャン‐イヴ・フルモー):YAS-875EXG、YSS-875EXHG

・Otis Murphy(オーティス・マーフィー):YAS-875EXG

・Phil Woods(フィル・ウッズ):YAS-82ZUL

まだまだ多くのアーティストがYAMAHAのサックスを愛用していますが、上記を見るだけでも、クラシックから吹奏楽、ジャズ、フュージョンまで幅広いニーズに対応可能な楽器であることがお分かり頂けたかと思います。

小学校、中学校の吹奏楽部で学校備品として使用されていることもあり、初心者向けのメーカーだと思われがちですが、実はそんなことも無く、プロ奏者にも長く愛用されている名器も多く作られているのです。

楽器買取無料査定