Cannonball(キャノンボール)のアルトサックスの歴史や特徴、中古買取価格

Cannonball(キャノンボール)のアルトサックスは、力強く重厚感のある音色が特徴と言われています。

他にはない独創的な美しいデザインも、キャノンボールの人気の理由でしょう。

キャノンボールの歴史

キャノンボールは、社長であるデヴィス・ラウカット氏が演奏家として活躍していた傍らで修理技術を学び、より良い楽器を製造したいという思いから、1996年に同じく演奏家であったラウカット婦人が会長となり創業した、アメリカのブランドです。

その製造は台湾で行われ、検品や調整をアメリカにてプロの演奏家や選任された技術者が手作業で行っているため、他メーカーと比べて歴史がまだ浅くとも世界的に高く評価されています。

また、キィには日本製の真鍮、パットはイタリア製など、素材にもこだわり、理想の音色を求める姿勢が強いことでも知られています。

キャノンボールの特徴

キャノンボールのアルトサックスは、重厚感と力強さを持った、安定した音色であると言われています。

他メーカーでは見受けられない外観デザインもキャノンボールの特徴としてよく挙げられ、管体の部位によって材質や色が異なったり、変わった色合いの仕上げが施されていたりするものなど、個性的なものが多く製造されています。

主力となるビッグベル・ストーン・シリーズは、その名の通りベル部分が大きく、通常なら貝が用いられるキィボタンに準宝石が用いられているのが特徴で、演奏をより滑らかにするファットネックと通常のネックの2本が標準装備されています。

キャノンボールの代表的な種類

キャノンボールでは、プロの演奏家に向けた上位機種だけでなく、中級用、入門用も製造されています。

大きなベルが特徴で、仕上げ方も多様な上位機種「ビッグベル・ストーン・シリーズ A5」

キャノンボールの名を一躍広めた人気機種が、ビッグベル・ストーン・シリーズです。

名前の通り、一般的なサックスよりもベルが大きく、準宝石がキィに用いられているのが特徴で、プロ向け機種でありながら初心者にも演奏しやすいよう設計され、力強く輪郭のはっきりとした音色であると言われています。

標準的なオリジナルネックと、個性的なファットネックの2本が付属しているため、演奏場面や曲によって使い分けることもできます。

仕上げ方法が様々ある機種で、一般的なゴールドラッカー仕上げもありますが、A5は管体とキィの仕上げ加工が異なったり、それに加えてベルも異なったりするものもあり、それらはA5の後に続く型番で見分けることができます。

目を惹く外観の美しさと、芯の太い音色から、どちらかというとジャズの演奏に向いているとされています。

セミプロ向け中位機種「セプター・セミプロ・シリーズ A.scep-L」

Sceptyr(セプター)・セミプロ・シリーズは、上位機種のデザインを受け継いだ部分が多い、キャノンボールの中位機種です。

ビッグベル・ストーン・シリーズと同じイタリア製パッドやスプリングが用いられており、音色はキャノンボールの特徴である力強さがあるとされ、他メーカーの同価格帯機種と比べて、一歩抜きんでていると言われています。

優美なオリジナル彫刻に加え、キィボタンに用いられているアバロン貝が美しさを引き立てています。

キャノンボールの評価・評判

キャノンボールの特徴である力強く芯が太い音色は、世界的に評価が高く、主にジャズやソロの演奏曲などで好まれています。

ステージに映える、他メーカーにはない美しいデザインにも人気が高く、愛用者の中ではジャズの演奏家が多いようです。

入門用のサックスであっても、演奏のしやすさやキャノンボールらしい音色に評価が高く、常に良質な吹奏を求める姿勢も評判を呼び、初心者が選ぶブランドの候補として老舗メーカーと肩を並べることも多くなってきています。

キャノンボールの中古買取価格の相場

日本では黒澤楽器店が輸入代理店となって販売を行っていますが、人気機種を買取に出した場合の価格の相場を、定価と比較してみましょう。

A5

仕上げ方法が様々あるA5の中で、最安値となるのはノーラッカーのA5で、定価は税別460,000円 です。

傷や汚れが無く、ほとんど演奏していないくらい綺麗な状態であれば160,000円 、使用感が強く、傷も多いなど、状態がかなり悪いものであれば48,000円 くらいが相場です。

付属品としてネックが2本あるため、どちらも欠けることなく手元にあり、大事に使われ外見が綺麗であれば、104,000円 程度を見込めるでしょう。

A.scep-L

セプター・セミプロ・シリーズはゴールドラッカー仕上げとブラックニッケルメッキ仕上げがありますが、一般的なゴールドラッカー仕上げの定価は税別で320,000円 です。

あまり使われていないくらいに綺麗な状態であれば90,000円 、傷やへこみが多数あったり、汚れもひどかったりしていて状態が悪いものであれば27,000円 くらいが相場です。

このシリーズは付属するネックは1種類のみのため、きちんとメンテナンスされ、綺麗なものであれば69,000円 程度を見込めるでしょう。

キャノンボールの代名詞とも言われる機種のビッグベル・ストーン・シリーズは世界的に人気が高く、中古品を求める人も多くいます。

ネックが2本あるため、使わない場合もしっかり保管し、メンテナンスも行っておくと良いでしょう。

楽器買取無料査定