Ibanez / RG9QM(アイバニーズ)ギターを買取させて頂きました!

Ibanez / RG9QM(アイバニーズ)ギターを買取させて頂きました!

皆さんこんにちわ!メンテナンスTです!

今回買取りさせて頂きましたのは、Ibanez不動の人気NO.1モデルRGシリーズより何と9弦ギターのRG9QMです!

9弦ですよ9弦…!

9弦ですよ!?

もう見た目の威圧感が半端ないですね。ネックなんて洗濯板くらいありますよ。(言い過ぎ)

多弦ですが、こちらは低い方に3本弦を増やしたタイプ。

まさに地を這うようなローが出せます。

とりあえず歪ませるともうほんと極悪サウンドです!

弦鳴りだけでローがものすごく出るのでアンプのEQは低域をほぼ出さない方が良いですね。

Djent系のギタリストがバッキングの時に低域をごっそり削った音を出している理由が分かります。

歯切れの良い変拍子のリフを、かなり歪ませて弾くには低域がいるとリフの全容が伝わらずただうるさいだけになっちゃいますしね。

あ、Djentっていうジャンル名の由来ってギターの音がジェントジェント聞こえるので、そのまま造語としてジャンル化されちゃったという話らしいです。

僕的にはジェントとは聞こえませんが言ってる意味は何となく分かりますし、Djentっぽいリフをわざとジェントジェントと口で発音してみるとそれっぽく聞こえるという理論にたどり着きました。(謎理論)

閑話休題

さて前述のDjent系もそうですが、現代の多種多様な音楽シーンに合わせて楽器も進化、多弦化しておりますが、こちらのRG9QMもその一つ。

より低い音域をギターが出すために低い弦を3本も追加。

これにより通常のギターでは到達不可能な域まで低音を出す事が出来ます。

こういった新時代の多弦楽器ですが、非常にコストパフォーマンスが高いというのも事実です。

各メーカー海外のOEM工場で製造していたりするのでコストを抑えつつ、良い物が作れるんですね~!

こちらのRG9QMもインドネシア製、価格からは考えられないクオリティです。(そもそもこの値段で9弦発売出来るんだ…)

今回買取させて頂いたRG9QMは

今回買取りさせて頂きましたギターは、多少使用感はあったものの比較的綺麗な状態でございました。

もちろん減額も少なく、高額での買取とさせて頂きました!

多弦は何となく買ったけど結局弾かない…という声も良く聞きます…

確かに僕も7弦買ったけどほとんど弾かずに手放したなぁ…

そんな方は弊社に是非お任せくださいませ!

人気の高い多弦モデルは高額査定にて頑張らせて頂きます!

Twitter(ID:gakuya_gakkiten)もやっています!いいねやフォロー宜しくお願いします!

メンテナンスT

—-

ガクヤ楽器買取ネットではIbanez(アイバニーズ)ギターを高価買取中です!

ギター買取は是非ガクヤ楽器買取ネットで!

【018343】

楽器買取無料査定