Selmer(セルマー)サックスのリガチャーを買取ります!

リードとマウスピースを固定する役割のリガチャーは、見た目だけでなく音色にも影響します。

使われなくなったリガチャーがあれば、買取査定に出してみましょう。

Selmer(セルマー)のリガチャーの特徴

リガチャーを選ぶ際の注意点として、マウスピースの素材によって使えるものが限られるという点があります。

セルマーのマウスピースにはエボナイト製とメタル製があり、同じ銀メッキのリガチャーであってもそれぞれにあったものが用意されています。

他メーカーの追随を許さないセルマーのマウスピースは、世界的に人気があることもあり、セルマーのリガチャーも全ての音域でバランスが取れた豊かな音色が特徴とされています。

セルマーに限ったことではありませんが、リガチャーは仕上げによっても音色が変わり、力強い音色がよく響くとされるのがシルバープレート、華やかな音色のゴールドプレートもよく響くとされ、ピンクゴールド仕上げは柔らかい音色になると言われています。

リガチャーだけでも買取してくれるの?

買い替えて使用しなくなったリガチャーだけでも、買取が可能です。

楽器を購入した時に付属していたリガチャーでも、見た目の好みで選んで、好みの音色にならず使われなくなったものでも、複数個あれば同時に査定へ出すことで、金額が高くなることもあります。

セルマーのリガチャーには、特注で作られたものもあるため、ものによっては査定金額が高額になることもあります。

買取価格の相場はどれくらい

リガチャーはマウスピースの種類によって選定されますが、セルマーのリガチャーは仕上げによって価格が大きく異なり、対応する楽器の種類間では数100円程度の差があります。

サックスは種類によって演奏できる音域が異なり、演奏人口が一番多いとされるのがアルトサックスです。

そのため、ここではアルトサックス用のリガチャーの買取価格相場について見ていきましょう。

吹奏楽でもよく用いられる「ピンクゴールドメッキ」

標準的なラッカー仕上げのリガチャーの希望小売価格が3,300円なのに対し、ピンクゴールドメッキ仕上げは希望小売価格が9,000円 と、3倍近く異なります。

買取価格としては、新品同様の美品であれば1,000円台後半くらい、使用感が強いものであれば800円前後が 相場となるでしょう。

高く買い取ってもらうには

まず、楽器に関する確かな知識をもった専門スタッフがいる、楽器専門店へ査定を依頼するようにしましょう。

様々なものを総合的に扱うリサイクルショップなど、知識をもたないスタッフが査定する場合は、適正価格以下になることがあります。

また、楽器専門店でない場合は、リガチャーのみの買取を行っていない場合もあるため、注意が必要です。

きれいに清掃し、状態を確認しましょう

リガチャーは内部構造がないものの、外見の汚れや傷はもちろん買取金額に影響します。

特に表面には指紋や汚れが残りやすいため、それはきれいに拭き取りましょう。

また、メッキ処理されているために、表面が欠けていたり剥がれていたりすることもあるため、査定へ出す前に状態を確認しておきましょう。

付属品と保証書などがあれば揃えましょう

購入時に付属品があり、査定に出す際にも揃っていればいるほど、買取価格は高くなります。

特殊な形状のリガチャーであると、マウスピースのキャップも通常と異なることがあるため、リガチャーに合わせて使っていたマウスピースキャップも不要になっていれば、同時に査定へ出すとよいでしょう。

本体に付属していた場合は難しいですが、リガチャーのみで購入し、保証書などがあれば揃えておきましょう。

楽器店へ買取に出す以外にも、オークションに出品するなどといった方法もありますが、よほど安価にするか、珍しいリガチャーでなければ落札までに長い期間がかかるようです。

標準的なリガチャーであっても、普及しているものほど需要が見込めるため、眠らせておかず、必要とする人に愛用してもらえるよう、買取に出してみてはいかがでしょうか。