Selmer(セルマー)サックスの買取価格の相場|高く売る方法はある?

サックス(サクソフォン)そのものの代名詞として用いられることがあるほど、「セルマー」は世界的に評価が高いブランドです。

手放しがたい愛用品であっても、奏でられずに眠らせておくのはもったいないことです。

Selmer(セルマー)とは

セルマー・パリ社は、クラリネット奏者であったセルマー兄弟により創業されました。

ヘンリー・セルマーが1885年にマウスピースやリードを製作する工房をパリで興し、ヘンリーの弟であるアレクサンドルがアメリカのニューヨークに楽器店を構え、パリで製造された楽器を販売したのがセルマー・パリ社の始まりです。

創業当初はクラリネットやマウスピースの製作と修理が中心でしたが、1921年にはセルマー・パリ社で初めてのサックスが作られました。

現在はクラリネットとサックス、マウスピースが主に製造されており、中でもサックスが多くを占めています。

130年を超える歴史に裏打ちされた技術による質の良さから、セルマーは多くの人に愛用されています。

Selmer(セルマー)の買取価格の相場

サックスは、演奏できる音域によって種類が異なります。

中でも一番演奏人口が高いとされるのがアルトサックスで、吹奏楽やクラシック、ジャズ演奏にも用いられます。

ジャズ演奏に用いられることが多いテナーサックスも、アルトサックスと並んでサックスでは代表的な種類になりますが、ここではアルトサックスの相場を調べてみましょう。

現時点での最高傑作とされるアルトサックス「SERIE(セリエ)Ⅲ」

本体の仕上げやオプションによって異なりますが、SERIEⅢの希望小売価格は、ラッカー仕上げで税抜660,000円、銀メッキ仕上げで税抜831,000円 です。

新品での店頭価格は、希望小売価格よりも低く、ラッカー仕上げでは20%引き程度の550,000円くらいが新品相場のようです。

では、このラッカー仕上げの買取価格はどれくらいが相場でしょうか。

状態がとても良く、新品同様ならば20万円台から40万円台、傷や汚れがひどくても、すべての部品が揃っている状態ならば10万円台 が見込まれます。

なお、SERIEⅢはすべて彫刻がある種類のため、キーシステムの違いや付属品によっても買取価格に変動がありますが、おおむね20万円 くらいが相場となります。

彫刻ありと彫刻なしでは買取価格は異なるのか

新品で購入する場合、同じシリーズのサックスでも、本体に彫刻があるものとないものの2種類が用意されていることがあります。

これに当てはまらないケースとして、何かの記念モデルなどで特別に作られた場合は、彫刻があるもののみの販売となることもあります。

彫刻があることで音色に直接関わることはありませんが、彫刻があるものの方が新品での販売価格も高くなっており、中古で求める人にも人気があるため、買取価格は彫刻がないものと比べると高くなります。

同じシリーズであっても、型番によって模様が異なるため、こだわりをもっている人は型番を指定して中古品を探すこともあるようです。

高く買い取ってもらうには

まずはセルマーのみならず、楽器に関する確かな知識をもった人がいる、楽器専門店へ査定を依頼するようにしましょう。

総合リサイクルショップなどで知識をもたない人が査定する場合は、適正価格以下になってしまうこともあるからです。

メンテナンスと清掃はしっかりと

外見の汚れや傷はもちろん、実際に演奏した音色やキーの状態も、買取価格に影響します。本体についた指紋や汚れはきれいに拭き取り、日常的なメンテナンスを行って正常に演奏ができる状態にしておくと、より高い査定額になるでしょう。

もし過去に楽器店などで調整を受けたことがあれば、調整内容を記した書面があると、なお良いでしょう。

付属品と保証書なども用意しましょう

購入した際に付属していたものが揃っていればいるほど、買取価格も高くなります。

メンテナンスに用いるセルマーのロゴが入ったポリシングクロスやクリーニングスワブ、オプションの場合もあるストラップなどのアクセサリーもあれば、できる限り揃えましょう。

また、購入した際の保証書の有無も買取価格に影響するため、用意しておくようにしましょう。

買取強化キャンペーンなどを利用しましょう

サックスは、部品に革が用いられていることもあり、眠らせていても経年劣化などで傷んでしまいます。

そのため、使わなくなったり、買い替えたりして不要になった時が売り時と言われています。

なお、楽器店では期間限定で指定メーカーの買取価格を通常よりも高くするなどのキャンペーンを行うことがあります。

キャンペーンを行う時期は不定期のため、売りたい楽器が対象のメーカーであったなら、見逃さずに利用するようにしましょう。

ほとんどのサックスは高額であるため、日頃から大事に扱う人が多いですが、演奏後のメンテナンスはついつい怠りがちになります。

いずれ買い替える予定がある場合は、買取に出すことも想定し、より丁寧に扱うようにすると良いでしょう。