サックスの買取価格の相場|高く売る方法はある?

サックスは手入れをきちんと行うことで、一生のパートナーとして使うことができます。

けれど、買い替え等の原因でサックスを手放すという方も見受けられます。

もちろん何らかの事情で楽器を吹けなくなったという方もいらっしゃることでしょう。

そんな時はタンスの奥深くにしまいこむことはなく、新しいオーナーへ引き継ぐことも検討しましょう。

ここではサックスの買取価格の相場や「高く売るための方法」をご紹介いたします。
サックスを手放そうと考えている方はぜひご一読ください。

サックスの買取価格の相場は どの位?

サックスの買取価格相場は5万円から10万円台が相場とされています。

サックスのメーカー、グレードなどでも買取価格が変わります。

エントリーモデル(ヤマハ2シリーズ~3シリーズ)では6万円程度、上位クラス(ヤマハ8シリーズ)では16万円程度の買取価格がつきます。

現行モデルか旧モデルかによっても相場は変わります。

もちろん美品・傷・へこみなしのマックスの価格ですので、ご注意ください。

買取価格はどのようにして決まるの?

管楽器はメーカー・型式ごとある程度の買取価格が決まっています。

品番(シリアルナンバー)などをチェックすると、いつに製造されたものかわかりますので、おおよその経過年数なども考慮に入れます。

キイの具合や傷・へこみの有無、ネックや純正ケースが付いているかどうかも確認します。

前述の買取価格の相場を参考として、傷や製造後年数などマイナスポイントがあれば減算していきます。

なお、元々の目安となる「買取価格」は、楽器買取専門店によって異なるので注意が必要です。

サックスを高く売る方法はある?

ここからは、サックスを高く買い取ってもらうためのコツをご紹介いたします。
手元に手放したいとサックスがある場合はチェックしてみてくださいね。

①楽器はできる限り掃除をする

傷やへこみは修理の必要がありませんが、セルフメンテナンスでできる範囲のお掃除は必ず済ませましょう。

ケースもできる限り掃除をしておくと良いでしょう。

②買い取り対象商品でなくとも見積もりを依頼する

サックスはさまざまなメーカーからバラエティ豊かな製品が発売されています。
買取専門店のサイトで紹介されている型式はほんの一部です。
対象品ではないかも…?と悩む前に、まずは見積もり依頼をしてみてください。

③3月・7月に買い取ってもらう

新入学シーズンや夏のコンクール終了後には、中学1年生・高校1年生の部活動本格化に向けて管楽器需要が高まる時期となります。

そのため3月や7月は管楽器買取を強化して在庫を確保する動きが高まります。
手放すならば3月や7月が狙い目と言えるでしょう。

相場より高く買い取ってもらえる可能性が高まります。
特に現行モデル・美品であればプラス査定がつくかもしれません。

④購入時には人気モデルを

新品購入時から、売れ筋の人気モデルを選ぶことも一案です。
エントリーモデル(ヤマハ2~3クラス)や中堅(ヤマハ4~6クラス)モデルの中古品は初心者にはおすすめモデルです。
また海外メーカーのモデルも高額買取が期待できます。

⑤メンテナンス・リペアも欠かさず行いましょう

費用はそれだけかかりますが、半年に一度はリペアをお願いしましょう。
キイバランス調整やタンポ交換などを定期的に行うことで、買取価格が大幅アップします。

⑥純正ケース、純正パーツやカスタマイズオプションもセットに

純正ケースや純正パーツは必ずセットにして買取依頼をします。
また、後から購入したサックス用のマウスピースやリガチャー、ネックなどのオプションもセットにして見積もりを依頼すると、それだけでも高額買取が期待できます。
また、これらは単品で買取をしてもらえることもあります。

⑦事前見積もりを利用する

楽器買取専門店では、事前見積もりを実施しています。
型式・メーカー、購入年などを記載するだけで概算見積もりをその場で知ることができます。
時期によっては事前見積もりを利用するだけで査定価格がUPというようなキャンペーンもありますのでチェックしておきましょう。

サックスの買取相場は、グレードや経年によってまちまちです。
相場にも大きな幅がありますので、事前の見積もりは必要不可欠です。

また、1円でも高く買い取ってもらえるよう、掃除をする、メンテナンスやリペアを定期的に依頼するなど、普段からサックスを大事に使うことをおすすめします。