サックスの値段の相場。初心者はどれを選べばいい?

どれくらいの相場のものを選べばいいかわからない…という方は、ぜひこちらの記事をご一読ください。

サックスの価格の差、これって何?

インターネットの価格比較サイトを利用すると、アルトサックス一つをとっても格安の商品から100万円台、あるいはそれ以上のサックスがヒットします。この大きな価格の差に驚かれる方もいることでしょう。
サックスの価格の違いは、主に「メーカー」「材質や塗装」「キイのメカニズム」「使用部品のグレード」によるものです。

国内外の主要楽器メーカーのサックスは高額になりますが、ノンブランドの楽器となると安価な傾向にあります。

また、ブラスの厚さや塗装のグレード、彫金の有無などによっても価格が変わります。
指貝も樹脂製と白蝶貝など採用される部品やキイをふさぐためのメカニズム(機構)の違いによって変わります。

主要メーカーの楽器の場合「カレッジ(スチューデント)モデル」「カスタムモデル」「プロフェッショナルモデル」というように、材質や素材のランクによってグレードを分けていますので、チェックすることをおすすめします。

主要楽器メーカーのサックスの値段相場はどれくらい?

日本国内の楽器店で購入することができる主要楽器メーカーのサックス。
値段相場はどれくらいなのでしょうか。

購入される方が多いアルトサックス を例にとると、国内メーカーのエントリーモデルで10万円台後半~20万円前後、海外メーカー となるとエントリーモデルというような概念はないため、50万円台が一般的です。
この価格がアルトサックスの下限でありおおよその相場となります。

サックスの技術が向上した学習者・中級者となると、国内外メーカー問わず30万~50万円台の楽器が相場となります。

サックスの価格は他の楽器に比べると高額になる傾向にあります。
上を見たらキリがないため、初心者向け・学習者向けの価格帯としての20万円までの楽器は、相場として妥当なラインといえるでしょう。

初心者の楽器選び。どんなスペックがあればいい?

初めて楽器を購入する場合、「価格帯」で楽器を選びたいという方も見られます。

しかし、価格帯で楽器を選ぶのは若干リスキーで、「安物買いの銭失い」というような結果につながることも多いのです。
安い楽器は金属そのものに重量があります。

また、キイをつなぐメカ(機構)が多いというような欠点があり、小中学生には「重くて持てない」というような結果も見られます。

また、格安で購入できる海外製の量産品などを選んでしまえば、「音が出にくい・正しい音程の音が出せない」「キイが壊れた」というように、短期間で不具合が出てしまいます。

このようなことから、価格ありきのサックス選びではなく、スペックを重視した楽器選びをおすすめします。
高音域を出しやすくするためのキイが存在するモデルなどを選びましょう。

ただし、ハイスペックのモデルでも「楽器を始めたばかりの初心者にはクセが強く扱いにくい」というような個体もあります。
構えやすく軽くて持ちやすい楽器であることや、吹き込みやすく音がきれいに出せる楽器であることを念頭に置いて選んでいきましょう。
試奏をさせてもらいながら選ぶことが一番です。

中古楽器もおすすめです

サックスを始める方の中には、「楽器店のショーウインドウに飾られているあのサックスに憧れた」という方もいらっしゃることでしょう。
高額で手が出せないという結果にあきらめる前に、中古楽器をあたってみることも一案です。
ハイスペックの楽器が中古価格で手に入ったらとてもお得です。
国内外の主要メーカーであれば、オーバーホールを施し新品に近い感覚で使うこともできます。
古い楽器に抵抗がある方でもおすすめです。

初心者にとってサックス選びは難しい場合もあります。
相場なども鑑みて自分にとって吹きやすい楽器などを探してみましょう。
憧れの楽器が高くて購入できないという場合は、中古楽器を購入することもおすすめです。
楽器店で試奏を行いながら、自分のパートナーとしてよい音を奏でてくれる楽器を見つけましょう。

楽器買取無料査定