自分に合うピックが見つからない人の為の『ギターピック自作のススメ』

ガクヤ中古楽器店スタッフ【トッキ】です!

以前Twitterにて紹介させてもらったピック自作に関してですが、意外と反響の方をいただいております。
「材質や形、厚み等々で音や演奏性が変わる!」というのは周知の事実!
やはり、みなさん自分の求める音色やプレイスタイルに合ったのピックをなかなか探し当てられていないということでしょうかね?
色々試してるけどなんか違うんだよな~…
という方に是非ご紹介したい*【自作ピック】*について本日はこのピック自作についてもう少し掘り下げて書かせて頂きます!

ピック自作に至った経緯

まず初めに、僕は実際に自作しています!
自作と言っても素材から~なんて大げさな作業はしていません。
僕の場合は比較的サイズの大きいトライアングル型のピックを自分の好きな形に変えちゃってます!
なんでわざわざそんな事……!?という声が聞こえてきそうなんで少しだけ背景を……

僕はプレイスタイル的に所謂速弾きプレイから通常のバッキングプレイ等を行います。
速弾きの時は小さめピックが弾きやすく感じてましたが、バッキングや大振りのストローク等は小さなピックではリーチが短く弾きづらいと感じていました。
そこで見つけたのがこのピック!

(FERNANDES/Janne Da Arc you氏モデル)

表現が難しいですが、ティアドロップより背が低くてJAZZタイプより大きいとでも言いましょうか……
このピックの形、大きさが自分に合っていると感じたのです。
じゃあこのピック使えよってなりますが、僕はよくピックを落とすのでサンドグリップが必須なんです… …
そう!この【自作ピック】は「このピックの材質と厚みで他の形があればなぁ……」
という方に是非実践して欲しいのです!

ピック自作方法

1.マスター型取り

まず【マスター型】を作ります。
作りたい形のピックに併せて、適当なピックをその形に切ります。
こちらが今回型用のピックになります。

2.型切り

加工するピックにマスター型を両面テープ等で貼り付け、はみ出た部分をニッパーで切っていきます。
ここは大まかで大丈夫です。
写真のように少しハミ出るくらいで切っていきます。

3.バリ取り・仕上げ

大まかにニッパーで切り落としたら、ガタガタの部分をヤスリで削ってバリ取りを行います。

最後にサンドペーパーで弦に触れる部分をスムースに仕上げます。
(この工程は使い古したピックにも有効ですのでお試し下さい!)

そして、これで完成です!

慣れてくれば1枚5分以内に作れますよ!
これで、好みの材質(グリップ)、厚み、演奏性、音色を兼ね揃えたピックが出来上がりました!
皆さんも是非お試しください!(めんどくさいんですけどね……)

番外編1.オーダーする

毎回作るのがめんどいくさい……という方は、出来上がったピック通りのスペックでオーダーしちゃうのもありかもしれません。
ピックは個人でもオーダーメイド受付をしている業者さんが多く存在します。
大量に作っておきたいという方は【自分モデル】をオーダーするのもオススメですよ!
一部ですが、オーダーメイド受付の業者さんをご紹介!

ぴっく屋さん
池田工業株式会社
?ブリッジコーポレーション
ピック工房リバーフォード

番外編2.ピックパンチを使って作る

世の中には穴あけパンチのような要領でピックを作れるピックパンチという物があります。
下敷きやプラ板など好きな物でピックを作成できます。ただしバリは出てしまうので多少のサンディングは必要ですね。
しかしそもそもパンチ出来るような物で満足できる素材があるとは思えませんね……
ただ、自分自身にシックリくるものが一番ですので、一度試してみるのも良いかもしれません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?たかがピック、されどピック!
こういった小さな変化でもプレイに大きく影響させることが出来ますので、是非一度お試し下さい!
店舗にご来店いただければご相談にも乗りますので、お気軽にどうぞ!

楽器買取無料査定