ギター 改造 SG Jrタイプ 編 #1 プランニング

ギターにはたくさんの種類があり、どれを選ぶかによって個性を主張できます。ただ、ギタリストってのはワガママな人種です。
「この形が良いけど、音はこんな感じ」とか、「ボディ材はコレで、ネックはアレ、指板はソレ!ピックアップレイアウトは…」などと、オーダープランを考えだしたらキリがありません。

オーダーばかり考えて全然練習していない!って方。まずは練習しましょう。
今日の練習はもう済んだ!という方々、ではお付き合いください。

今回から数回に渡り、ギターを改造することで、自分の好みに近づけていく方法をご紹介していきます。

まずはプランニングからしていきましょう!

今回改造をしていくのは、こちら!

GrecoのSJR-82(僕の私物)です。
このままでもカッコいいですねー。 ホントこのままでもいいですよねー。
でも、思いついたら止められません。 早速はじめていきましょう!

ギターの改造は、まず何をしたいのかを明確に!

ギターを改造したいと思うに至るには、人それぞれ理由があると思います。
ただ、なんとなくもの足りないなっていう抽象度が高い時点では、そもそものゴールが明確では無いため改造しても満足のいく結果に繋がらないかもしれません。
出来る限り具体的にリストアップしていきましょう。

ちなみに今回求めるのは下記の通りです。

ストラトキャスターのセンターとリアのハーフトーンが出せる
各弦のオクターブチューニングがばっちり合わせられる
カッコよく

それぞれについて、プランニングをしてみましょう。

1 ストラトキャスター用のピックアップを設置

写真で御覧頂いた通り、SG jrにはピックアップが1つしか設置されていません。
そこで、今回ストラトキャスターのセンターとリアのハーフトーンを出すという課題に対し、現在付いているピックアップをストラトキャスター用のシングルコイルのものへ変更し、ストラトキャスターのセンターの位置にもう1つ増設することで実現します。

ちなみに、ストラトキャスターはフロント/センター/リアの3つのピックアップが設置されているのが一般的です。

リアはそのままの位置で良さそうですが、センターの設置は少々面倒です。
とりあえず後で考えましょう。

配線パターンに関しては、テレキャスターのようなマスターボリューム、マスタートーンの仕様にします。

この項目はとりあえずこんなもんでしょう。

2 HipshotのBABYGRANDでオクターブチューニングもばっちり!

今回のSG jrには、ストップバータイプブリッジが付属しており、精度の高いオクターブチューニングが難しいため、最近はリプレイスメントパーツ(改造パーツ)もいろいろ発売されています。

その中でもよくあるのはブリッジとテールピースが一体化したバダスタイプですねー。
ただ、これだとボールエンドとサドルの間で弦が大きく曲がっちゃうので、僕は嫌なんですよ。

なので今回はHIP SHOT ( ヒップショット )のBABYGRANDにします。

3 正直、出たとこ勝負

人によって感想の異なるところですのでこれは難しいです。

プランニングはこんなところでしょう。
はてさてどうなるやら。

今回のまとめ

ギターを改造する際に、まずはじめにすることはプランニングです。
現状の楽器の問題点や、こうあって欲しいという想いをより具体的にすることで、改造後の満足度が劇的にかわります。
行動に移す前に、一度しっかり考えてみましょう。

続く!

ギター 改造 SG Jrタイプ 編 #1 プランニング
ギター 改造 SG Jrタイプ 編 #2 ピックアップレイアウトの改造
ギター 改造 SG Jrタイプ 編 #3 木工作業
ギター 改造 SG Jrタイプ 編 #4 配線
ギター 改造 SG Jrタイプ 編 #5 弦を張る
ギター 改造 SG Jrタイプ 編 #6 調整

楽器買取無料査定