フルートの買取価格の相場|高く売る方法はある?

フルートを手放そうとする理由は人によって様々ですが、より高く買取してもらえる方法はどんなものがあるのでしょうか。

■どういう基準で買取価格が決まるの?

買取価格が決まる基準は買取業者によって多少異なりますが、多くの場合以下の2点が重要になります。

  1. 楽器として使えるか、動作の可否
  2. 長年眠っていたフルートなどは、最悪の場合、壊れて音が出せなくなっていることがあります。
    そうでなくてもフルートには精密なメカニズムが組み込まれているため、故障している場合は修理しなければ楽器として使用できません。

    買取業者が査定する際は、実際に試奏して動作確認をすることが多く、演奏に問題がないことが買取の前提となります。
    壊れていても買取をする業者もありますが、自社で修理や整備ができない場合は買取自体を断られてしまうことがあります。

  3. 傷や傷みなど、外観の様子
  4. 磨けば取れるくもりや、消耗部品の摩耗などはメンテナンスによって解消できますが、そうでない傷みに関しては査定時に減額されてしまいます。
    メッキ加工が剥げてしまっていたり、傷がついてしまっていたり、またはへこんでしまっている場合は、その程度によってランク分けされることが多く、ひどい状態であれば最低の買取金額となってしまいます。

    綺麗な状態であればあるほど、中古フルートとして買い手も多くなるため、査定価格が高くなることも頷けるでしょう。

■フルートを高く売る方法やポイントはある?

買取へ出す前にちょっとした手間をかけるだけで、より高く売ることができる場合があります。

  1. 付属品を揃える
  2. 決して安くはないフルートは、その付属品にも高い需要があります。
    取扱説明書や保証書はもちろん、ケースも付属品となります。
    メーカーや機種によってサイズが異なるため、場合によってはこのケースが高額査定の対象となることもあります。
    なるべく購入当時と同じ状態で揃えられれば、より高額の査定を得られるでしょう。

  3. 手入れをしておく
  4. 買取査定時は試奏をすることが多いため、すぐにでも演奏できるよう、メンテナンスや手入れをしておくことも重要です。
    くもりや汚れがあれば拭き取り、綺麗にしておくだけでも良い状態とされ、査定額も上がることがあります。

    ■買取業者を選ぶ際の注意点

    現在はインターネットで買取査定ができるサービスを行っている買取業者もありますが、売りに出す際は楽器に関する知識をしっかり持った買取業者を選びましょう。
    リサイクルショップなどでは正しい査定ができるスタッフがいない場合があり、想像以上に低額査定を受けることがあります。
    より高い買取査定を受けるためには、買取業者の選定も大事な点です。

    ■放置せず、早めに買取してもらいましょう

    フルートに限らず、楽器は新しいモデルが次々に発売されるため、一般的に古いモデルほど市場価格は下がっていきます。
    また、使っていない期間が長いほど楽器は傷んでしまうため、定期的なメンテナンスも必要です。
    使わなくなったり、挫折してしまったりして売りたいと思ったら、なるべく早めに売りに出しましょう。
    フルートは消耗楽器ではなく、新品は高額であることが多いため、買取金額も高いことが期待されるでしょう。

    ■フルートの買取価格の相場はどれくらい?

    フルートの買取価格の相場に関しては、
    業者により金額が大きくことなることが多いので一概にははっきりしません。
    相場を知るためにもまずは、査定をしご自身が納得できる業者に買取を依頼することが一番の近道となります。

    楽器買取無料査定