フルートの値段の違いの理由。初心者は何を選べばいい?

フルートをこれから始めようと考えている初心者の人は、数あるフルートの中からどう自分の愛器を選べば良いのか悩むことでしょう。
楽器の中でも機種が豊富にあることで知られるフルートは、何によって値段が変わるのでしょうか。

■ フルートの値段、高い安いは何が違う?

どんな楽器でも値段の違いは大きいものですが、フルートにおいても、安いものは1万円台からあり、高いものでは数百万円します。
値段に差が出る理由は様々ありますが、中でも素材とオプションの違いが大きく影響します。

主に金属素材で作られているフルートは、その金属の種類によって価格はもちろん、音色も異なってきます。
希少価値が高いプラチナや、純度の高い金が使われる場合は高額となり、硬貨にも用いられる白銅や洋銀の場合は比較的安価となります。

また、フルートには、演奏者の補助をする付属品、オプションをつけることができます。
このオプションをつけるにはフルート本体の加工が必要な場合があり、簡単に着脱できないものほど、加工工賃を含めて値段が大きくかかるようになります。

値段に大きく関わる点である素材は、高額なものであれば良い音色が出るというわけではなく、オプションはより良い演奏をするためにつけるもののため、それぞれ予算に応じて選ぶと良いでしょう。

■ 初心者がフルートを購入する場合、どの値段のものを選べばいい?

フルートの演奏はエアリード式といい、初心者はまず音を出すことにも苦労することが多い楽器です。
大人が独学で始めるには難しく、教室やサークルなどで教えてもらう必要がありますが、挫折する人も多くいます。
初心者がフルートを最初に購入するなら、まずは安価のものにし、演奏ができるようになってからより良い高価なフルートに買い替えた方が良いでしょう。

ただし、安価なフルートの中には粗悪な海外製品もあるため、注意が必要です。
よく耳にする主要メーカーでは、およそ10万円程度でエントリーモデルを販売しているため、まずはその中から選んでみましょう。

■ 入門機種として定評があるヤマハ

ヤマハは、楽器メーカーとして知らない人はいないでしょう。
学校でも取り入れられていることが多く、演奏しやすく価格も比較的手に取りやすい価格帯のため、初心者向けとして一番に挙げられています。

スタンダード200シリーズ:YFL-212
メーカー本体価格:79,000円(税抜)
唇が当たるリッププレート部分に洋銀、本体は白銅で作られ、銀が使われていないながらも、軽快な音色が出せるベーシックモデルです。

スタンダード200シリーズ:YFL-212LRS
メーカー本体価格:85,000円(税抜)
YFL-212をベースに、リッププレートと管のつなぎ部分となるライザーに銀が使われており、音色の幅が広がるモデルです。

スタンダード300シリーズ:YFL-312
メーカー本体価格:130,000円(税抜)
主管と足部管が白銅ですが、頭部管が銀製のため音色が大きく向上し、コストダウン設計により銀製であっても低価格で手に入れられます。

■ パール楽器

もとはドラムなどの打楽器メーカーでしたが、今ではフルートもヤマハと並んで広く認知されています。
パール楽器のフルートの特徴として音が出しやすいことが挙げられるため、価格だけでなく、演奏のしやすさから初心者に向いています。

Brillante:PF-525E
メーカー本体価格:87,000円(税抜)
指で押さえるキィカップがフタ状になったカバードキィタイプのため、初心者でも確実に孔を押さえることができるモデルです。

Brillante:PF-525RE
メーカー本体価格:87,000円(税抜)
PR-525Eと違い、孔を確実に押さえなければならないリングキィタイブのため、演奏には技術が要りますが、カバードキィタイプよりも細やかな演奏が可能です。

Brillante:PF-525RBE
メーカー本体価格:112,000円(税抜)
低価格帯では数が少ない、通常はオプションになるH足部管が標準装備されたモデルです。
C足部管とは音色も安定して出すことができる音程も異なるため、出したい音によってはこちらも選択肢に入れましょう。

■ 入門者用の低価格楽器を提供しているSELVA(セルバ)

楽器専門店であるイシバシ楽器が提供しているブランドであるSELVAからは、驚くほど低価格なフルートが発売されています。
個人で演奏を楽しみたいという人や、まずは吹けるようになってみたいという人に向けた、コスト重視のフルートです。

SFL-100
メーカー本体価格:13,704円(税抜)
安いながらも基本性能はもちろん備わっており、教則DVDや専用セミハードケースも同梱されているため、コストパフォーマンスに優れています。

ワンランク上の楽器を探すなら中古のフルートの購入も検討を

素材の良いフルートほど高額になりますが、中古フルートであれば新品を買う価格で1ランクから2ランクほど上の機種を手に入れることもできます。
中古品の良し悪しを初心者が見極めるのは難しいですが、新品の購入を検討すると同時に中古フルートも検討してみると、予算内に収まるフルートが見つかるかもしれません。
初心者の方は、個人売買ではハードルが高いこともあるため、ある程度信頼が中古を取り扱うおける楽器店からの購入をご検討されることをおすすめします。

楽器買取無料査定