中古フルートの選び方・注意点

新品よりも安価で手に入れられる中古フルートですが、よく注意して慎重に購入しなければトラブルに遭いかねません。
中古フルートはどのように選び、どう注意を払えば良いのでしょうか。

中古フルートを購入する場合の選び方は?

まずは予算と使用目的を定め、メーカーや機種、必要なオプションも検討します。
選んだものは試奏を必ずし、求める音色かどうか、相性が合うかどうかをチェックしましょう。
高価な貴金属で作られているから良い音が出せるとは限らないため、同行してもらった人や店員にも聞いてもらいながら、なるべく多く試奏して選ぶと良いでしょう。

楽器選びに自信が無い人は、通っている教室の先生や、詳しい友人などからアドバイスを受けるようにしましょう。
購入する際に同行してもらうと良いですが、同行がかなわない場合は、アフターサービスがあり且つ信頼できる楽器店で購入することをおすすめします。

■中古フルートを購入する時の注意点

新品と比べて中古品には、状態が分からないという問題点があります。
以前に使っていた人がメンテナンスをきちんと行っていたフルートであっても、修理された状態で販売されているかは大事なポイントです。
フルートが手元へ届いてから修理することとなった場合、購入金額と修理代を合わせたら、新品と同等の金額になるケースもあります。

特に、オークションなどで一般の人が手放すために出品しているフルートは修理されていないことが多く、リサイクルショップなど、楽器の専門知識を持ったスタッフがいない店舗も同様です。
中古の場合でも、しっかりと修理や調整を済ませてから販売している楽器店から購入するようにしましょう。

■購入する時、試しに音出しはできる?

見た目からでは決して判断できないのが音色です。
自分に合ったフルートを選ぶには、演奏のしやすさなどといった相性はもちろん、その音色が重要になるでしょう。

楽器店のほとんどでは、購入する際に試奏ができ、中にはフルート専門のアドバイザーがついて音色を聞き比べてくれる店舗もあります。
新品のフルートであっても、試奏せずに購入する人はほとんどいないため、好みの音色が見つかるまで試奏することができるのが一般的です。

ただし、インターネット上で中古品の在庫を見て、楽器店へ足を運んだらもう売れてしまっていたということもあるため、希望するものがあったら、楽器店へ事前に試奏したい旨を連絡しておきましょう。

■中古フルートを購入するメリット

フルートの一部の部品は消耗品ですが、本体自体は消耗楽器ではありません。
もちろん、使用していた人のメンテナンス具合によっては、新品と比べて劣ってしまいますが、中古フルートにもメリットがあります。

最大のメリットは費用面で、新品では高額なものでも、中古品なら手頃な価格で購入できる可能性があることでしょう。
求める音色を持つフルートを見つけ出せる知識は必要ですが、新品を購入するよりも安価で手に入れることができます。

また、多くの中古楽器店では、部品を分解し、清掃や消耗部品の交換をして組み立てなおす、オーバーホールを行ってから販売されているため、新品と遜色なく使用できるでしょう。
場合によっては、中古フルートは使用者がいたために安定した音色が出しやすく、初心者に向いていることがあります。

■中古フルートを購入するデメリット

楽器店へ購入の相談をしに行くとよく言われるのが、中古フルートには以前の使用者のクセがついているということです。
しかし、総じてクセと言われているもののほとんどが調整や修理によって改善されるため、そのフルートが本来持っている特徴がクセなのだとすれば、新品でも同じことのためデメリットとは言えません。

中古フルートを購入する最大のデメリットとしては、タイミング良く求めるフルートがあるかどうかという点でしょう。
定期的に楽器店をチェックするか、楽器店に希望するフルートが入荷したら連絡をもらえるように交渉するといった方法をとると良いかもしれません。

中古フルートを求める時は、信頼できて、アフターサービスも充実した楽器店での購入が安心です。
中古品であっても、保証期間を設けている楽器店もあるため、まずは楽器店探しから始めても良いかもしれません。

楽器買取無料査定