Tokai/HLS-145(トーカイ)を買取させて頂きました!

Tokai/HLS-145(トーカイ)

スタッフ「t」です。
本日は国産の良質なLesPaulコピーモデル、TOKAI/HLS-145をご紹介致します。

Tokai/HLS-145(トーカイ)全体像

Tokaiは東海楽器製造が販売する人気の国産ブランドです。

Talbo(タルボ)等のオリジナルモデルの他、コピーモデルにも定評があり最上位グレードのプレミアムシリーズにはGibsonのコピーモデルのみラインナップされている事から、東海楽器製造はGibsonのコピーを最も得意としているメーカーではないでしょうか。

本器HLSシリーズはネックの仕込み角やピックアップの位置等50年代のヴィンテージをプロファイリングして近付けた拘りの仕様。

Tokai/HLS-145(トーカイ)仕込み角

個人的にTokaiだとプレミアムシリーズ(HLSでは無いですが参考までに)を1本持っていますが、ネックのグリップが非常に良いです。
然程手が大きくない僕ですが全くストレスなく手に馴染み、太すぎず細すぎず非常にバランス良いです。

僕の個体では3年ほどヘヴィゲージ張ってますが、ネックも殆ど反ってきませんね。
見た目も高級感有りますし、モノが良くて価格も安いので「ヘッドにGibsonと入っていなくても良い」という方にはTokaiオススメです。

全体的に美しくまとまったサウンドで扱いやすいですが、もう少し骨太なゴツゴツ感が欲しければピックアップだけはGibsonに交換したりするのもオススメです。(僕は57Classicに交換してます!)
本器もグリップ感は殆ど同じで、僕の感覚ですがホントにストレスフリーです。

Tokai/HLS-145(トーカイ)のグリップ
Tokai/HLS-145(トーカイ)のナット幅

ガクヤ楽器買取ネットではTokai(トーカイ)エレキギターを高価買取中です!

Tokai(トーカイ)エレキギター買取は是非ガクヤ楽器買取ネットで!
その他ギター買取はこちら!