こんにちは。楽器スタッフの松田です。

最近日本でもクロスフェイスやベビーメタルなどの台頭によって、改めてメタルというジャンルが認知されてきているように感じます。

本日は、フィンランドのヘヴィメタル・バンドといえばチルドレン・オブ・ボドム!!
ということで、アレキシ ライホモデルを買取させて頂きました!

Children Of Bodom Hate Crewの文字でウズウズしちゃう方はとりあえず一回は弾いてみて欲しい1本

もともと、アレキシ ライホは2002年ごろまでランディー・ローズのシグネイチャーモデルを使用していたのですが、
盗難にあったのをきっかけにESPとの契約を開始しています。

今回買取させていただいたSAWTOOTH を持って、まず目を弾くのがインレイまで統一されたこのピンクのカラーリング。
「Children Of Bodom Hate Crew」の頭文字である「COBHC」がボディバックにあしらわれております。

ハイポジションは、スキャロップ加工されており、ジョイント位置を下げカッタウェイを深くとることでプレイアビリティも申し分ありません。

今回買取させて頂いたESP Alexi Laiho PINK SAWTOOTHについて

今回は使用感が少なく比較的美品にあたるギターでしたので、高額にて買取させて頂きました。

ESPのギターをお持ちで、買取をお考えの方がいらっしゃいましたら是非ガクヤ楽器買取ネットをご利用下さい。

事前査定だけでも大歓迎です。