pearl fl
こんにちは。楽器スタッフの村木です。
いよいよ蝉の鳴き声もチラホラと聴こえるようになりました。
まだ上手に鳴けないのか、発声練習的な鳴き声を耳にすると、「ガンバレ!」って応援したくなります。

蝉も楽器もウォーミングアップが大事!ということで、今日はパールのフルートPF-525をご紹介しましょう!

Pearl PF-525を買取させて頂きました!

パールフルートの物語は、1968年、千葉八千代市の小さな工房から始まりました。
近代フルートのメカニズムは、長い伝統と歴史から生まれたものですが、パールフルートのクラフツマン達は、ただならぬ情熱を注ぎ込み、古典的なつくりを改良し、より使いやすく、優れたメカニズムを持つフルートをつくれないかと考えました。
これがパールフルートのものづくりの原点となりました。
日夜、試行錯誤を続けながら、クラフツマンとしての威厳をかけ、1972年、フルートの歴史を変える独創的なメカニズム”一本芯金”を初めて取り入れたフルートが完成したのです。
さらに、もう一つの技術革新となる”ピンレス・メカニズム”(ネジ止め機構)の導入にも成功しました。
これらの画期的なメカニズムは、必ずしも当初から正しい評価を受けたわけではありませんでしたが、パールフルートを世界のトッププレイヤーがこぞって使うようになり、今では他の多くのフルートメーカーが追随してとり入れてくるほど、高く評価されています。
パールフルートの歴史が技術革新の歴史と称されるゆえんが、ここにあります。
フルートづくりとは、サウンドクオリティを守り、フルーティストの求める楽器をつくり続けること。
パールフルートの全てのモデルには確かなつくりと技術革新の伝統が息づいています。

PF-525は、銀製リッププレート&ライザー仕様のベーシックなモデルです。
リッププレート&ライザーに銀を採用し、艶やかで豊かな響きを実感できる、ぜいたくなスペックのエントリーモデルです。
初めての方でも吹きやすく、安心できる確かな信頼性が指導者の方々から高く評価されています

今回買取させて頂いたPearl PF-525について

細かいキズが見られますが、タンポやコルク等の状態が良好で、よくお手入れされていた為、高価買取させて頂きました。
パールのフルートをお持ちで、買取をお考えの方がいらっしゃいましたら是非ガクヤ楽器買取ネットをご利用下さい。
事前査定だけでも大歓迎です。