Line6 Variax 300

どうも、楽器スタッフのモリモンこと森本です!
週明けから大寒波が来るみたいですよ?
今年は暖冬なだけに、急な気温の変化には十分気を付けたいところです!

さて今回は、モリモンもずっと気になっているデジタルテクノロジーを取り入れた、あのギターをお買い取りさせて頂きました。
Line6のVariaxです!!!
2002年に初めて登場し、大きな話題にもなりました。
2005年までに4機種登場し、現在では生産完了してしまいましたが、
James Tylerとタッグを組んだ、次なるVariaxギターJTVシリーズの登場と
その勢いは未だ止まりません!
ライブやレコーディングで、とにかく多彩なサウンドを駆使したい!そんな人に超々オススメです!!

28種類のギターがコレ1本に!

2003年に初代Variax500が発売し、同年にはマホガニーボディのハイエンドVariax700が発売。
2005年にはエントリー向けのVariax300と、トレモロ搭載の上位機種Variax600の4機種がラインナップ!
どのモデルもモデリング部は共通で、28種類のギターモデリングが可能です。
テレキャスだけでも3種類、レスポールタイプでは5種類も揃っています!
グレッチやリッケンバッカーも複数あり、ES-335や175といった箱モノも当然入っています。
エレキ以外にも、アコギならMartinだけで3種類あり、
シタールやバンジョー、リゾネーターギターなんかも揃ってしまっている・・・ww
非常に戦闘力の高そうなギターですね!

今回買取させて頂いたLine6 Variax 300について

今回、ガクヤ中古楽器店に入荷したLine6 Variax 300は、
ソフトケースや説明書、ACアダプター等の付属品もすべて揃っており、
ボディバックのバックル傷や打痕など多少の使用感はあったものの、トップ面は比較的綺麗な状態でした。
ネックの反りや電気系統も問題なく、ナット溝やフレットの減り等の消耗箇所も問題のない範囲でした。

上記により、今回はほとんど減額をせず高価買取させていただき、大変喜んでいただきました。
キズ等の外観はもちろんですが、ネックやナット、フレット回り等のプレイに影響する部分が、
このように良い状態ですと、ほとんど手間が掛からず販売することができ、
その分の人件費などを買取価格に反映することができます!
このような楽器をガクヤ中古楽器店では他社様より少しでも高価買取を目指しております。

ガクヤ中古楽器店では楽器買取を強化しております!
Line6 Variaxをお持ちの方は、是非ガクヤ楽器買取にお売り下さい。

まずは事前査定を下記よりお試し下さい!